【自動車の名門メーカーの多いイタリア】

イタリアにはフェラーリ―やランボルギーニをはじめとした名門自動車メーカーがあります。

近年では日本以外の自動車大国といえば、メルセデスベンツやヴォルクスワーゲン、BMWのドイツ車が目立っています。

販売台数や売り上げなどをみれば、たしかにドイツ車は強いですが、名門という意味で言えば、イタリア車はどこにも負けないと思います。

その中で今回は『アルファ・ロメオ』の歴史についてお話します。

【 栄光と挫折のメーカー アルファ・ロメオ 】

独特な車のデザインとエンブレムで有名な『アルファ・ロメオ』

日本での販売台数は少ないのですが、イタリアの高級スポーツカーブランドです。

創設1910年と歴史も深い会社で、元は自動車製造工場の『ロンバルダ自動車製造株式会社』という名前の会社でした。

英語表記すると『Anonima ambarica abbrica utomobili』となり、その頭文字をとり、A.L.F.A と名乗っていました。

なので、当時のエンブレムには『A.L.F.A MILANO』と入っていました。

 

 

 

 

 

 

そして、モーターレースで素晴らしい活躍を見せ、スポーツカーメーカーとして確立されていきます。

しかし、1918年にニコラ・ロメオという実業家が経営する会社に吸収合併されます。

ロメオは自身の名前を加え、今の『アルファ・ロメオ』となりました。

このように知らないと1つの名前のようですが、実は2つの名前が合わさってできたものなのです。

そんなアルファ・ロメオは合併と戦争に巻き込まれたのもあり、スポーツメーカーとしてやってきた会社ですが、そのスポーツカーの開発は中断されたりもしました。そして経営難におちいり現在はフィアットの傘下で、スポーツ面を押し出した開発を手掛けているメーカーの1つです。

 

 

 

 

 

憧れの車アルファロメオ。

いつかは1970年代の、こんなアルファ・ロメオを乗ってみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良県橿原市で自動車保険・車検整備・車修理・エンジンオイル交換など車に関するお悩みは瀬川オート商会にお任せください。