国土交通省が2018年10月以降の新型車に『WLTCモード』

(Worldwide-harmonized Light vehicles Test Cycle) 世界統一試験サイクルを義務化することになりました。

近年、自動車の燃費性能が向上する中でカタログ等に表示される燃費んい比べ、実際の燃費が最大4割下回るなどの結果がでていました。

これは走行環境・運転方法の違いにより生じています。

この解消に向け、カタログ表示には『WLTCモード』に加え、『市街地』『郊外』『高速道路』といった走行環境別の燃費表示をすることを義務化することとなりました。

この義務化により、オーナーの低燃費に対する意識も一層高まりメンテナンスの重要性も高まることが期待されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良県橿原市で自動車保険・車検整備・車修理・エンジンオイル交換など車に関するお悩みは瀬川オート商会にお任せください。