マツダが初代ロードスターを対象にレストアサービスの開始を発表しました。

マツダが開始するサービスは、レストア事業とパーツの再供給というものです。

ユーザーから預かったロードスターをオリジナルに近い状態にクルマをリフレッシュしていきます。

作業を行うマツダ社内の施設は、テュフラインランドジャパンからクラシックカーガレージ認証取得を予定していて、高い品質でのレストアを目指しています。

基本メニューというのがあり、すべての部品を取り外しエンジンから車体までのホースなど新品に交換するコースが250万円らしいです。

 

【テュフラインランドとは?】

140年の歴史を持つ世界でもトップクラスの第三者検査機関。

世界中に拠点を持ち従業員数は19,600人。第三者検査のエキスパートとして、産業用装置や製品、サービスの検査だけではなく、プロジェクト管理や企業のプロジェクト管理や企業のプロセス構築もサポートする。

自動車分野では、ドイツで運転免許試験を行い、ドイツなど数か国で車検サービスを提供しているほか、自動車メーカーや部品メーカー向けの国連および欧州型式認証の技術機関としても活動。

またオートアフターマーケットでは、板金塗装工場向けの監査・認証サービスに加えドイツでは第三者アジャスターサービス、世界各国でディーラーや整備工場向けの監査・認証サービスを提供している。

最近ではクラシックカーの評価・査定サービスなども提供していて、自動車文化への貢献もしている。

 

ホンダでも『ビート』の純正部品を一部再開することを決定しています。

誕生から26年が経った今も、根強い人気を誇る名車の部品再生産には注目が集まります。

 

 

 

奈良県橿原市で自動車保険・車検整備・車修理・エンジンオイル交換など車に関するお悩みは瀬川オート商会にお任せください。