雪道でのノーマルタイヤは当然、危険です。

 

 

 

 

 

 

 

JAFは、雪道におけるノーマルタイヤやスタッドレスなどの「登板テスト」について検証を行い、その結果をホームページに公開しています。

実験では、前輪駆動のコンパクトカーを使用して圧雪路の坂道(勾配12%及び20%)を上がれるか?

6種類のタイヤで検証しました。

①ノーマル ②スタッドレス ③オールシーズン ④ノーマル+チェーン ⑤ノーマル+オートソック ⑥ノーマル+スプレーチェーン

結果は、ノーマルタイヤでは勾配12%の雪道でさえ上がれず、坂道の途中から発進もすべて上がることができませんでした。

一方、スタッドレスタイヤは平坦路から発進し勾配20%の雪道を上がるテストで唯一上がることが出来ましたが、坂道の途中から発進した場合では、スリップしてしまい坂道を上がれませんでした。

このようにノーマルタイヤでは、勾配12%の雪道でさえ上ることが出来ません。

ちょっとぐらいと思っていたらとんでもない事故につながるので、雪が積もったらスタッドレスタイヤやチェーンを必ず装着するようにしましょう。

また、スタッドレスタイヤは、他のタイヤと比べて登板性能は高いものの、雪や雨が降った後の凍結路面などではその限りではないので、注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

雪が滅多に降らない、橿原や大和高田の地域では、スタッドレスタイヤやチェーンを持たない方もおられるので、降雪時のノーマルタイヤ使用で立ち往生やスリップ事故の原因になりますので、十分注意が必要です。

奈良県橿原市で自動車保険・車検整備・車修理・エンジンオイル交換など車に関するお悩みは瀬川オート商会にお任せください。