どの車にも走っている以上は鉄粉が刺さっています。

ボディーや塗装表面に鉄粉が付いているというと「ホント?」と思うかもしれません。

自分の車には??と思う人はタバコの箱を包んでいるセロファンを通して軽く撫でてみてください。

ザラザラしているハズです。パッと見ツルツルの塗装でも細かい鉄粉は刺さっているのが現実です。多かれ少なかれどんなクルマでも刺さっています。

でも、そんな鉄粉が飛んでくるようなところを走った覚えはないと思うかもしれない。

一体どこからやってくるのかというと、まずはクルマからが大きい。ブレーキローターが削れたり、排ガスに含まれるエンジン内部の削れたもの。さらにはホイールにも結構刺さるが、自分のブレーキから出たものなど色々とあります。

鉄道が近くを走っていれば、路線や電車の車輪が削れて飛んできて、それがプツプツと塗装にささる。高速道路の高架下に駐車場を借りていたクルマを見たら、目に見えるレベルでザラザラしています。

もちろん放置するのはよくないです。鉄粉だけにサビていき、塗装を破壊。場合によってはボディーまで到達して、内部から腐食させることもある。もちろん見た目が劣化する原因にもなる。

定期的に鉄粉は取り除く必要はありますが、方法としては専用の粘土を使うのが一般的。洗車時に濡れたボディー面を軽くこすってやるだけで、取れるので簡単です。

コツは水をかけて粘土を滑らすように軽い力で擦るのと、粘土をマメに練り込みながら使用します。練り込まないで使用すると、せかっく取れた鉄粉が塗装を削ることになってしまうので意味が無くなってしまうので注意してください。

 

奈良県橿原市で自動車保険・車検整備・車修理・エンジンオイル交換など車に関するお悩みは瀬川オート商会にお任せください。