ガソリンのブランドにこだわる方もいますが、その違いはあるのでしょうか?

エネオス?シェル?

 

 

 

 

 

レギュラーガソリンについては基本的にブランドの違いも少ないです。

いわゆる粗悪ガソリンを避けるように注意は必要ですが、それほど気を使わなくていいと思います。

またバーター取引といってレギュラーガソリンについては各社が融通しあっていることもあり、同じ系列のスタンドで入れ続けたからといって、他社の燃料が混ざっていないとは言い切れないのも事実みたいです。

 

 

 

 

 

 

ハイオクに関しては国内の規格としてオクタン価が96以上であることが求められています。

ハイオクというとオクタン価100というイメージもあるかもしれませんが、銘柄によって若干の幅はあります。そしてオクタン価96と100を比べると、厳密には性能が異なります。

とはいえ、燃料としての熱量に違いがあるわけではなく、オクタン価の高い燃料はノッキングを起こしづらいので点火時期を進めることができる性能差になってきます。

特にエンジンチューニングとしての制御プログラムを書き換えているケースなどは燃料(オクタン価)の違いで点火時期が変わってしまうことを防ぐために、ガソリンの銘柄を指定して入れることもあります。

逆にハイオクに合わせた点火時期制御を行っていないようなエンジンでは燃料による差はほとんど出ないといえます。

奈良県橿原市で自動車保険・車検整備・車修理・エンジンオイル交換など車に関するお悩みは瀬川オート商会にお任せください。