最近はセルフスタンドが多くなってきて、自分で給油する事が多くなってると思います。

給油が終わって、ノズルを抜いたらガソリンが垂れてビックリすることはないでしょうか?

ボディーの塗装にガソリンが付いてしまった経験はあるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

その時、気になるのはガソリンによって塗装に悪影響がないかという事です。

実際のところは、塗装は樹脂の一種で、そこにガソリンが付けば侵されてしまうのは事実です。

ガソリンは揮発性が高いので、すぐに乾いてしまい大丈夫だろうと思いがちですが、実際はなにかしらの成分が残っています。

こぼれたところを指で触ってみると、ツルツルとそこだけ感触が違うはずです。

これが塗装に染み込んで悪さをしてしまいます。

ただ、最近の塗装は弱くないので、すぐに拭き取れば問題はなさそうです。

シミができるのは大量にこぼれたまま放置しているというレベルなので、神経質になることはなく、こぼれたらすぐに拭き取るという程度の意識でよいと思います。

気になる人は、コーティング剤のなかには、石油系からの保護もあるものもありますので使用するのもいいと思います。

奈良県橿原市で自動車保険・車検整備・車修理・エンジンオイル交換など車に関するお悩みは瀬川オート商会にお任せください。