【カーリースのメリット・デメリット】

◆カーリースのメリット

まずメリットとして考えられることは次のような点です。

・頭金が不要なため、少ない初期費用で憧れの新車に乗り始める事ができます。

・購入後の税金や車検、保険料などわずらわしい手続きから解放されます。

・メンテナンスもリース会社に任せることが出来るため、安心して乗れます。

・月々の支払いが安定するため、家計にやさしく予算をたてやすくなります。

・残価設定によってさらに安く新車に乗ることができます。

残価設定とは、リース期間満了後に残っていると予想されるそのクルマの価値(下取り価格)をあらかじめ車両本体価格から差し引いてリース料金に反映するというものです。

たとえば、200万円のクルマを5年リースするとして、5年後の下取り価格が50万円と設定すると、残りの150万円でリース金額を算出するという訳です。

 

 

 

 

 

 

◆カーリースのデメリット

次にデメリットとして考えられることは次のような点です。

・原則としてえカスタマイズできません。(または返却時に戻さなければなりません)

・月間(年間)走行可能距離をオーバーすると精算金が発生することがあります。

・大きな事故を起こしてしまうと強制解約となり残金を一括で支払う必要があります。

・リース期間終了前に当初の設定残価に満たないと差額を支払わなければいけないです。

ここから考えると、長距離を乗る機会が多い、ドレスアップや改造をしたい、リース期間中に解約するかもしれない、といった方はカーリースを利用する際には慎重に検討する必要があると言えるでしょう。

逆に改造などせずに普通に乗るだけ、長距離はたまに乗る程度、気に入った車を長く乗りたいという方はカーリースに向いていると言えます。

メンテナンスやわずらわしい手続きなどを任せたい、支払いを安定させてい、ワンランク上の新車に乗りたいという方にも便利です。

次回はカーコンの『もろコミ』についてお話します。

奈良県橿原市で自動車保険・車検整備・車修理・エンジンオイル交換など車に関するお悩みは瀬川オート商会にお任せください。