最近、個人向けカーリースの需要がどんどん増えています。

それなら自分もと思いますが、そこはちょっと待ってください。

実はカーリースに「向いている人」「向いていない人」が居るのをご存知でしょうか?

今回はカーリースの「こんなひとにおすすめ」のポイントを中心に解説します。

【メリットから見る「こんな人におススメ」のポイント】

カーリースはローンで購入する場合と比べて、たくさんのメリットがあります。まずはそのメリットから「こんな人におススメ」というポイントを見ていきましょう。

◆頭金

ローンで購入する場合、まとまった頭金が必要になりますが、カーリースであれば基本的に頭金が不要です。そのため、初期費用を抑えて新車に乗り始めることができます。

◆残価設定

あらかじめリース契約満了時のその車の価値(下取り価格)を設定し、車両本体価格から差し引いてリース料金を算出することで、月々のリース料金が安くなります。

◆税金・保険・車検

クルマの所有者はリース会社となりますので、税金の支払い、車検時」の手続きや自賠責保険料の支払い、交通事故や故障の際の保険会社対応など、面倒な手続きをすべてリース会社に任せることが出来ます。

◆メンテナンス

多くのカーリースではメンテナンスパックを用意しています。メカニズムやメンテナンスの詳しい知識がなくても、安心してベストコンディションの車に乗ることが出来ます。

◆月々の支払い

契約するプランにもよりますが、リース料金には登録時の諸費用、自動車税、自動車重量税、自賠責保険料、車検基本料などが含まれていることがほとんどです。車両本体価格とプラスしてリースで割ることで、毎月一定の支払い額にでき、家計が安定します。

★こうしたメリットから見る「こんな人におススメ」のポイントは

①初期費用を抑えて新車に乗りたい

②車に関わる月々の支払いを安定させたい

③ワンランク上の新車に乗りたい

④気軽に新車に乗り換えたい

⑤メンテナンスをプロに任せたい

⑥税金や車検などまとまった費用が負担になる

⑦長距離を乗る機会がそれほど多くない

⑧カスタマイズなどは特にせず、普通に乗りたい

⑨納税や車検などわずらわしい手続きから解放されたい

★カーリースに向いていないのはどんな人?

「こんな人にはカーリースはおススメできない」というポイントはどのようなところでしょうか?

◆走行可能距離

月間または年間などで走行可能距離が設定されているケースがほとんどです。契約時に設定したその距離を超過してしまうと清算金が必要になることがあります。

◆カスタマイズ

クルマの所有者はリース会社になり、最終的には返却することも視野に入れておかなければなりません。カスタマイズできる範囲は限られているということを覚えておきましょう。

◆残価設定

残価設定はメリットもデメリットもあります。たとえば、走行距離の超過や、事故を起こしての修理などで、車の値打ちが下がってしまえば契約満了時に清算金が必要になることがあります。

◆中途解約

中途解約は原則としてできませんが、何らかの理由で車が必要でなくなった場合、解約金や残金の一括払いを求められることがあります。また全損事故などで走行不能になった場合も同様に強制解約となり、残金の支払いを求められます。

また、そもそも一括で購入できる資金があるという人は現金で購入した方がリースよりも安くなります。

こうした部分から見る「こんな人におススメできない」ポイントは以下の通りです。

①改造やドレスアップなど自分好みに車をカスタマイズしたい

②長距離に頻繁に乗る機会がある

③車に乗る頻度が極端に少ない

④契約期間中に車が不要になる可能性がある

⑤一括購入できる資金が十分ある

ライフスタイルや車の使用目的、希望する月々のリース料金などは、お客様によって様々です。

次回は当店のカーリース「もろコミ」について話させていただきます。

奈良県橿原市で自動車保険・車検整備・車修理・エンジンオイル交換など車に関するお悩みは瀬川オート商会にお任せください。