今日は地元の橿原神宮周辺で行わるイベント神武祭の紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【神武祭の歴史】

神武祭の歴史は初代天皇である神武天皇の崩御日(ほうぎょ・・・天皇などの君主等の死亡を表す敬語)に相当する4月3日に毎年おこなわれ神武天皇の天皇霊を祭る儀式が奈良県橿原市の畝傍山東北陵で行われています。

奉祝行事では、橿原神宮周辺において『春の神武祭』が神武天皇祭(4月3日)付近の週末に毎年開催されて賑わいをみせています。

今年は4月7日㈯ 8日㈰ の10時から16時まで特設ステージなどを設け色々なイベントを行っています。

スケジュールは以下の通りです。

7日(土曜日)

開会式

・オープニングコンサート 畝傍高校音楽部 ・・・ 昨秋、大阪フェスティバルホールで開催された第70回全日本合唱コンクール全国大会において関西代表として、初の金賞に輝いき奈良県史上初の快挙を成し遂げています。

・伝統芸能 桃俣獅子舞「御杖村桃俣獅子舞保存会」・・・奈良県御杖村の桃俣地区に伝わる獅子舞は、伊勢太神楽の流れをくみ、大和東部山間地域から伊賀地方に広がる獅子舞の一つです。

・かしはら寄席 桂文枝

 

 

 

 

 

 

 

 

8日(日曜日)

・伝統芸能 室生龍穴太鼓 龍神

・ペッパーと遊ぼう

モーターショー ・・・フェラーリ、マクラーレン、ポルシェ、クラシックカー等約50台が展示され珍しいクルマがたくさんあります。

・参道パレード

・海上自衛隊 舞鶴音楽隊

・奉納剣道 奉納民踊

 

 

 

 

 

 

7日と8日の両日は

・フードマルシェIN神宮の森

・ふれあいマルシェIN参道

・朝市、ワークショップ

・台湾Xfitnessダンス

 

 

 

 

 

 

 

地元の美味しい食べ物が出店していますので、ぜひ遊びに来てくださいね。

奈良県橿原市で自動車保険・車検整備・車修理・エンジンオイル交換など車に関するお悩みは瀬川オート商会にお任せください。